コピー防止用紙・偽造防止用紙「守り紙」の専門店【福島県・タカラ印刷株式会社】 TEL 024-573-0374 または 024-526-4303
ホーム > 守り紙とシークレットペーパーの違い
守り紙とシークレットペーパーの違い

守り紙とシークレットペーパーの違いは?


「原本とコピーを判別」できるのが守り紙。「間か黒で雨読めなくなる」のがシークレットペーパー


『守り紙』と『シークレットペーパー』の違い

比較項目 守り紙 シークレットペーパー
目的 原本とコピーを区別する 内容を読めなくする
コピーされた紙 浮き文字が出現 真っ黒になる
メリット 原本とコピーの判別が可能。安価。 印字したテキストが読めなくなる。
デメリット 印字したテキストは読めてしまう。 通常時の可読性が劣る。割高。


写真で見る、守り紙とシークレットペーパーの違い


守り紙クリアコピー前後比較写真
コピーされた紙の背後に文字が浮き上がります。

シークレットペーパーコピー前後比較写真
コピーされた紙が真っ黒になります。

上に戻る